ソーシャルメディア運用ポリシー

ヤマハグループが運用するソーシャルメディアのアカウントにおいて遵守すべき姿勢?行動について、以下のとおり定めます。

ソーシャルメディアの定義

ソーシャルメディアとは、インターネットにおいてウェブ技術を利用して「サービスの利用者自身が情報を発信し、コンテンツを形成していくメディア」と定義します。

適切なコミュニケーション

「Make Waves」をブランドプロミスとして掲げるヤマハグループの従業員として、お客様との適切かつ質の高いコミュニケーションを実現します。

メディア特性の理解と心構え

  • インターネット上に一度公開した情報は完全には削除できないこと、また不特定多数の人がアクセスできることを理解し、常に責任ある情報発信を心がけます。
  • 情報発信にあたっては、法令を遵守し、内部規定?マニュアルを作成することで確実な運用を心がけます。
  • 担当者個人の発信が当社の評価となり得ることを十分に意識します。

ソーシャルメディアの良識ある一参加者としての心がけ

  • 傾聴の姿勢を忘れず、お客様の声に耳を傾けます。
  • 発信する情報の内容や対応に責任をもち、誤解を与えないように注意します。
  • 情報発信において、著作権をはじめ他者の権利を侵害しないよう細心の注意を払います。

お客様へのご案内

  • ソーシャルメディアを運営する担当者が発信する情報は、ソーシャルメディアの持っている特性上、すべてを確認してから発信するわけではありません。その点で必ずしもヤマハの公式発表?見解を表しているものではありません。後日訂正させていただく場合もあります。あらかじめご了承ください。公式な発表?見解は、当社ウェブサイトおよびニュースリリースなどで発信しております。
  • お客様との積極的なコミュニケーションを心がけます。ただし、いただいたご質問やメッセージなど、全てに対してご返答することができない場合がございます。あらかじめご了承ください。

個人情報保護方針

個人情報保護方針についてはこちらをご覧ください。

お問い合わせ

ヤマハグループ(国内)が活用しているソーシャルメディアアカウントに関するお問い合わせは、下記よりお寄せください。

ソーシャルメディアに関するご質問?ご意見はこちら